ワインでも飲むか…ってコルク抜きがねぇ!という場合の対処法

ワインなんて普段飲まないから、普通に回して開けるキャップがついているとばかり思っていたらまさかのコルク登場。

コルク抜きなんて持っていないので、とりあえず身の回りにあるモノでこじ開けたという話。

準備するもの

・男の一人暮らしならそこら中に転がっているであろうビス

・男の一人暮らしなら大抵持っているであろうドライバー

・男の一人暮らしなら持っている人もいるであろうプライヤー。ペンチとかでも可です。

女性の場合ですが、プライヤーを保有しているワイルドな女性はなかなかいないと思うので、一人暮らしをしている男友達や彼氏に借りるか、僕には思いつかないけれど女性の一人暮らしなら大抵は持っているであろうモノで空ける手段を探してください。

女性は無理して身の回りのモノで開けようとせず、これを口実に一人暮らしをしている意中の男性の家に上がり込むという手がオススメです。

もしその男性がプライヤーどころかドライバーさえも持っていないならば、そんな軟弱な男はやめておいたほうが良いです。冗談です。

コルク抜き無しでワインを開ける手順

ビスをコルクに刺します

こんな感じで、

こんな感じになります。

プライヤーで引き抜きます

最初はビスを、コルクが出てきたらコルクをつまんで抜きましょう。

こんな感じで。

抜けました。カンタンですね。

つまみまで準備したのにコルク抜きがない絶望感

つまみを用意して冷蔵庫から冷やしたワインを出してきて「さあ飲むか!」という段階でコルク抜きが無いという状況は、久々に絶望感というか高まった期待を裏切られてどこに気持ちをぶつければ良いのかわからない気分を味わいました。

なんとか身の回りのモノでこじ開けることで食欲を満たすことができてホッとしましたが、コルク抜きが無い状況に右往左往している間にワインが若干ぬるくなってしまったのが残念です。

結局ワインはボトルの半分くらいしか飲まなかったんですけどね。

つまみを食べたかっただけという。

この「缶つま」シリーズは、ちょっと値段が高いけれど簡単にコンビニで買えるし美味しいので気に入っています。

缶つま倶楽部 | 缶つまラインナップ

Amazonにも売っています。コンビニより安い。

缶つま | Amazon

では良いワインライフを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする